ホワイトデー

20代男性が悩みがちなホワイトデーのお返し3つの定番お菓子の意味とは

更新日:




2月14日はバレンタインデーですね。

 

20代にもなると、付き合っている彼女だけでなく、女友達や職場の方など、義理でもチョコレートをもらう機会が多くなってきます。

 

3月14日のホワイトデーに渡すお返しに悩む方もたくさんいることでしょう。

 

実は、ホワイトデーのお返しには、それぞれ贈るものによって意味が込められているのはご存知ですか?

 

意味を知らずにただお菓子を渡してしまうと、もしかしたら相手に勘違いされてしまうこともあるかもしれませんよ。

 

女性は、本気であればあるほど相手のお返しの意味をすごく気にするものです。

 

適当なものではなく、きちんと意味を知っておけるといいですね。

 

今回は、ホワイトデーのお菓子のそれぞれの意味についてご紹介したいと思います。

 

1、クッキー

ホワイトデーに贈るお菓子といえば真っ先に「クッキー」を浮かべる方も多いと思います。

 

クッキーは、サクサクした食感から「友達のような軽い関係」を意味するそうです。

 

また、誰にでも好かれるお菓子という意味でも深い意味がない、といったイメージもあるそうですよ。

 

2、キャンディー

こちらもホワイトデーの定番であるお菓子。

 

キャンディーは、簡単に破ることのできない固さから「割れない関係」。つまり「好き」という意味が込められていると言われています。

 

他にも、長い時間甘さを堪能できることから、これからも末長く甘い状態でいたい、というロマンチックな意味もあったりするようです。

 

3、マシュマロ

マシュマロは、柔らかい食感や、すぐ溶けてしまうことからあまり好意的なメッセージは込められていません。

 

逆に「やんわりとお断り」「長続きしない」などという好きとは正反対の意味を持っているので特別好意を持たれたくない相手にはぴったりのお菓子なのかもしれません。

 

まとめ:20代男性が悩みがちなホワイトデーのお返し3つの定番お菓子の意味とは

ホワイトデーは、ただのお返し、というわけではなくきちんとお菓子に意味が込められていることがわかりました。

 

特別な相手や、そうでない相手など、きちんとお菓子の種類を変えることも意識していきましょう。

-ホワイトデー

Copyright© そらからうさぎ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.