合宿免許

20代男性が気をつけたい合宿免許を最短で卒業できないパターン2選

更新日:

免許を取るために、泊まりこみで授業や教習を受ける「合宿免許」

 

短期間で免許を取得したい方にとってはとても効率のいいコースだと思います。

 

しかし、合宿中には何があるかわかりません。実際に予定していた期間で卒業できなくなる可能性ももちろんあります。

 

今回は、合宿免許を取得したい20代の男性に向けて合宿免許に参加している中で最短で卒業できなくなる原因などを紹介します。

 

1、体調不良

合宿免許では、毎日のスケジュールがしっかりと予定されていてその教習を受けなければもちろん期間内での卒業は厳しいです。

 

教習を受けられない理由で一番多いのが思いがけない体調不良です。

 

人が多く集まる教習所では、特に冬などにインフルエンザが流行りやすくなっています。

 

気をつけていたとしても、体調が悪い中で授業を受けることは難しいですよね。

 

その場合は一度家に帰り、教習所で空きが出るまで自宅で待機しなければいけなくなるので、すぐに卒業、というのは難しいです。

 

2、寝坊や遅刻、意図的な欠席

合宿中によくある失敗の一つとして朝起きれなくて寝坊してしまった、昼休みに仮眠を取っていたら次の授業が始まってしまっていた、などの寝坊や遅刻などがあります。

 

友人と一緒に合宿免許に参加していれば起こしてくれるなどの手助けがあるかもしれませんが、1人で参加している方にとっては助け舟がないので回避できないこととなります。

 

他にも、何らかの理由で一度でも授業を欠席してしまうと、それを埋めるためにまた後日時間を作らなければいけません。

 

このような失敗があれば、当然穴埋めをするために期間は延長されて最短での卒業ができません。

 

まとめ:20代男性が気をつけたい合宿免許を最短で卒業できないパターン2選

合宿免許はすでにスケジュールが決まっているからこそ一度でもその時間から抜けたり遅れたりするだけで期間が延長される可能性があります。

 

常に気を張って参加していないと予定通りに卒業できなくなってしまいますので参加する際には特に注意しましょう。

-合宿免許

Copyright© そらからうさぎ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.