合宿免許

10代女性が知っておいたほうがいい合宿免許のデメリット3選

更新日:

自動車の免許を取る方法といえば、合宿もしくは通学ですよね。

 

合宿免許のメリットといえば、低価格、さらに短期間で免許を取ることができるという点かと思います。

 

しかし、そんないいことばかりの合宿免許にも、デメリットが存在します。

 

今回は、合宿免許のデメリットについて紹介します。

 

1、最低2週間の休みを取らないといけない

短期間とはいえども、普通運転免許であれば最低でも2週間は何もない休みがないと合宿には参加ができません。

 

毎日の学校での授業やアルバイト、部活、習い事など全てを休みにするのはなかなか大変ですよね。

 

そのため、長期休みを利用しないと時間を作れないのが現実かと思います。

 

友達との思い出作りや家族での旅行など、ある程度あきらめなければいけない部分が出てくるのは合宿免許を選ぶ際のデメリットと言えます。

 

2、合宿中は周辺施設のみしか利用できない

これは、当たり前のことかと思いますが、合宿に参加している2週間は、どこかに遊びに行ったり息抜きをする時間が少なくなります。

 

空き時間がないわけではありませんが、基本的にはすぐに次の授業がやってくるので、そこまで遠くの施設を利用しに行くことは難しいです。

 

学科の問題はとても覚えるのが大変なので遊んでいる暇もないかと思いますが、ストレスは溜まりやすい環境といえます。

 

3、自分でスケジュールを組めない

合宿免許の最大のポイントは、教習所がスケジュールを組んで授業を進めてくれるところです。

 

自分でやらなくていいのはメリットのようにも見えますが、その時間にやりたいことがあっても基本的には授業や教習をメインに動かなければいけません。

 

ですから、自由な時間はほとんどないと思ってください。

 

まとめ:10代女性が知っておいたほうがいい合宿免許のデメリット3選

合宿免許は、自分だけではなく、同時にたくさんの人が一緒に免許を取るために授業を受けています。

 

1人で行動するのが好きな方や、誰かに縛られたくない、自由な時間が欲しい方も合宿免許の受講期間だけは我慢しましょう。

-合宿免許

Copyright© そらからうさぎ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.