恋愛・婚活

20代女子の恥ずかしかった恋愛の失敗談3選

更新日:

恋愛をしていると、楽しい思い出が増える反面、様々な失敗も出てきます。

 

相手のことを想うが故に勘違いして物事を進めてしまったり、ついつい頑張りすぎて思わぬハプニングがあったりして、今となっては恥ずかしい思い出もたくさんありますよね。

 

恋愛経験が多ければ多いほどいろいろな思い出や失敗があると思います。

 

今回は、20代女子が今までしてきた恋愛の中で恥ずかしかった失敗談をご紹介していきたいと思います。

 

エピソード1
LINEで思わぬ反応

現代では、彼との連絡手段が電話かLINEという方が多いと思います。

 

中でもLINEはメールのように文字だけのやりとりになるので自分の気持ちをうまく文章に盛り込まなければいけません。

 

基本的に絵文字などを使わない年上の彼に合わせて絵文字を使わず大人っぽい文章でやりとりをしていたら「思ったよりおとなしい性格なんだね」と勘違いされてしまったという失敗談もあります。

 

彼がクールな性格でも、好きなタイプは意外と明るい性格の方が好きだったりするので相手に合わせるのはやめた方が良さそうです(笑)

 

エピソード2
ボディタッチの頻度

彼に好かれようと、モテ女子の仕草や行動を真似して、たくさんボディタッチをしていたら「誰にでもボディタッチしている」と思われて逆に軽い女に見られてしまったという失敗談。

 

モテ女子の仕草も、あまりに追求しすぎると逆効果になるみたいですね。

 

エピソード3
お酒を飲んだ後の姿

楽しくお酒を飲んでいる席で、酔っ払った姿があまりにひどくフラフラになりながら歩いたりキス魔になってしまったりという姿を見られて、引かれてしまったという失敗もあります。

 

可愛く酔っ払ってしまった程度なら逆に好印象なこともありますが、お酒に弱い方は相手に合わせて飲んでいると失敗することもあるので要注意です。

 

まとめ:20代女子の恥ずかしかった恋愛の失敗談3選

恋愛において、どんな場面でも頑張りすぎると失敗することがあります。

 

頑張った姿を見てもらうよりもありのままの自分を好きになってもらった方が恋愛は長続きすると言います。

 

自信を持ってアプローチしていきましょう。

-恋愛・婚活

Copyright© そらからうさぎ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.