受験

受験が不安で眠れない10代男子にオススメの3つの睡眠、休息方法

更新日:

受験シーズンが始まり、毎日勉強のことで頭がいっぱいになっていませんか?

 

大好きなゲームやテレビなども我慢して毎日勉強ばかりで、疲れがたまってきている頃だと思います。

 

塾に通ったり、学校以外でも予習復習をしたりしてはいるものの受験に合格できるかどうか、不安ですよね。

 

当日が近づいてくるとだんだん不安で眠れない日々も増えてきたりして。

 

そんな日々が受験当日まで続いてしまっては、体がついていかなくなってしまいます。

 

しっかりと睡眠や休息をとるのも受験には欠かせない行動の一つですよ。

 

今回は、そんな受験生の10代男子に向けて、不安でいっぱいで眠れなくなってしまった時でもしっかりと睡眠や休息が取れる方法をご紹介していきたいと思います。

 

おすすめの方法1
眠れなくても布団で横になる

勉強に必死になってしまったり、当日の不安を頭で考えてしまったり、無意識に眠れない状態を作ってしまっていませんか?

 

一度、全てを忘れて布団で横になってみましょう。

 

ストレス解消にゲームやスマホを触ってしまいがちですが、それも脳に刺激を与えてしまうのでできれば控えましょう。

 

何も考えずに、布団に横になって目を閉じてみてください。

 

目を閉じるだけでも脳は休まりますし、意外とそのままぐっすり眠れてしまったりします。

 

おすすめの方法2
ホットミルク

寝る前に温めた牛乳を飲むことで体全体が温まり、落ち着いた状態を保つことができます。

 

特に夏場は冷たい飲み物を飲んでしまうことが多いですが、ホットミルクのように甘くて温かいものを飲むことで睡眠を促す効果があるそうですよ。

 

おすすめの方法3
不安なことを紙に書いてみる

眠れない原因は、勉強のストレスや不安が多いと思います。

 

もし〇〇だったらどうしよう、と、常にネガティブなことを考えがちな受験前。

 

いっそ、気になることや不安なことを全て紙に書いてしまいましょう!

 

自分の意見を客観的に見ることで気持ちを落ち着かせることができます。

 

まとめ:受験が不安で眠れない10代男子にオススメの3つの睡眠、休息方法

受験前の不安から眠れなくなってしまっても、決して焦らずにこの方法を試してみてください。

 

勉強漬けの毎日では当日に風邪をひいてしまうかもしれません。

 

しっかりと休息できることを祈っています。

-受験

Copyright© そらからうさぎ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.